てづくりの価値

2月に行った陶芸教室。じつは自粛に入る直前の4月頭に焼き上がりました!と言われていたのですが、なかなかとりに行けず、先々週にやっと行ってきました。

左がわたしの作った湯呑み。ころんとした形で、蒼が綺麗に出ました。持ちやすく、とてもお気に入りです。

右はばんの作ったもの。二つ並べると、それぞれに個性がありますね。

お酒が飲めないのに作って、可愛くなってしまったので焼いたとっくり。デニムという色で、これまた可愛いです。お酒はふたりとも飲まないので、インテリアになっています。

最後はお茶碗。これはすでに使っています。左がばんのです。色に深みがあってとても綺麗です。右はわたしの、さくら色。サイズや厚みもちょうどいいです。このお茶碗で食べるごはんは、心なしかいつもより美味しい気がします。

自分たちのてづくりのものには、やっぱり特別なきもちがこもります。もともと何かを作ることが好きで、特に細かい手仕事が好きなのですが、初めての陶芸という体験を通して、また自分がものづくりが好きということを思い出しました。

仕事にするにはなかなか難しいし、マーケティングの仕事もとても好きなので趣味程度ですが、これからもものづくりは続けて行きたいなと思います。

フランス・パリに1年留学。ニューカレドニアで7ヶ月就労。現在は日本でOL生活。フランスが好き。フランス語勉強中。
投稿を作成しました 75

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る