はじめての在宅勤務

コロナウイルスによって緊急事態宣言が出たので、在宅勤務に変わりました。正直、家で仕事をするのはあんまり好きじゃなくて(仕事とプライベートの境目がなくなってしまいそうで)気が乗らなかったし心配だったのですが、3日経って、そこまで想像していたよりも集中できなくはなかったように感じます。

ただ、ネット環境が整っていなかったりする家は大変だろうなと。また、うちはデスクがないので、床に座ってローテーブルで作業をしているのですが、早速足に限界が来ています。以下、ちょっとしたメモです。

在宅のマイルール

いくつか自分で約束事を決めました。

課題になりそうだったのは、メリハリの部分。いつからいつまでが仕事なのか、お昼休みはどう使うか、いつもお昼は買っていたのでどうするのか・・・など心配だったので、いつもと同じ時間に起きて、朝から仕事モードにする為にシャワーを浴びてきちんと着替える。で、朝ごはんを食べて、浮いた時間でフランス語のニュースを読んで単語を覚える時間に当てました。

お昼は夜に準備して、昼には料理をなるべくしないようにしていますが、毎日は無理だなあという感じです。

後、仕事はやっぱり定時にはこの時期終わらないのでもう諦めました。

在宅でよかった点

・通勤時間がなくなる

・お昼代の節約になる

・今後の働き方を考えるきっかけになる

在宅で悪い点

・会議がしずらい

・会議の段取りがちゃんとできていないと、定時からスタートしない

・デュアルモニターが使えないのが不便

・WindowsとMacは互換性が最悪

・運動不足になる

・完食が止まらない

・エコノミー症候群になりそう

・作業効率はオフィスよりも落ちる

ということで、また在宅が終わったら振り返ろうと思います。

フランス・パリに1年留学。ニューカレドニアで7ヶ月就労。現在は日本でOL生活。フランスが好き。フランス語勉強中。
投稿を作成しました 75

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る